主婦の私が副業をはじめたきっかけ

副業で主婦ライフを充実させよう!

ABOUT ME

看護師ですが、出産をきっかけに一度職場を離れて育児に専念しました。その間、空いた時間で色々な副業を試してみたので紹介します。今は育児もひと段落したのでママ看護師として復職しています。

副業を始めたきっかけ

副業を始めたきっかけ

子育てで仕事を離れてしまったときには、何かとお金のことも気になるものでしたが子育てに専念している方もいます。小さいに子供を育てるという事は大きな経験です。子育てからの仕事復帰は不安になったりするものです。副業をしていけば生活の足しになっていきますし、社会に出ている実感もあります。子育てにプラスして少しでも副業をしておくことが、生活にハリも出てきます。

LINEで送る

私が副業をしたきっかけ

元は看護師として働いていましたが、妊娠を機に仕事を離れました。看護師の仕事は長く続けたいと思っていたため休職にしようかずいぶん悩みましたが、はじめての出産で育児に専念したかったため、一度退職することを決意しました。
夫婦2人のときは主人ひとりの収入でも十分だと思っていましたが、いざ子供が生まれてみると、出費は思った以上にかさみ、将来的な貯金などを考えると徐々に不安になり、副業で少しでも稼げればと考えるようになりました。これが私が副業を始めたきっかけです。

子育て世代は節約生活

様々な世帯で夫の収入を見てきましたが、なかなか収入が高い世帯はあまりいません。そのために子供のいる家庭が共働きを迫られています。年収500万円以下の人は夫婦2人にはゆとりがありますが子供のための積み立てや保険料等を考えると節約をしていかなければ、とても生活していけない状態になっています。実際に主婦の雑誌などでは専業主婦の人の方が節約生活を迫られていて美容院に半年に1回行くなど、普段の食品もかなり削っていたり、旦那さんのお小遣いは月2万円程度と安い金額になっています。楽しく自分の生活をしていくために何かと収入を得ることが必要になってきます。専業主婦はゆとりがあるように見えていますが実は節約生活をしなければいけないようなのです。

共働きしてみたい人もたくさん

専業主婦で子育てを楽しみたい人もいますし、子育てに一生懸命で仕事に目が向かない人もいますが、妻が働くことにより収入にプラスになるため一家の年収は700万円を超えている家庭もあります。そのために余裕のある貯蓄や生活費に充てることができるようです。現実的には専業主婦のいる家庭よりも専業主婦では600万円位の収入をやりくりしている人が多いのです。共働き世帯の方が合計すると収入があるので働いてみたいと思う人もいるのではないでしょうか。主婦が働くことにより家計に入ってくるお金を少しずつ取り戻していくので副業の人もいるでしょう。子供のいる家庭ではなかなか共働きのきっかけ見つからない家もありますが思い切ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

副業を楽しんでる人

主婦が副業を始めるきっかけはいろいろあると思いますが、やはり専業主婦では家計が少ないことが大きいのではないでしょうか。子育て中は必要なものと欲しいものがたくさん出てくるので何かとお金がかかるものです。また急に仕事をすることには不安に感じる人も副業で社会復帰のリハーサルをしている人もいます。看護師などのような責任が重い仕事に急に復帰するのは、とても勇気がいります。将来的に自分のために復帰するのは良いと思いますが、子供との時間を大切にしながら仕事をする副業は子育て世帯に向いているとも言えるでしょう。