元看護師の主婦ならパートで復職もおすすめ

副業で主婦ライフを充実させよう!

ABOUT ME

看護師ですが、出産をきっかけに一度職場を離れて育児に専念しました。その間、空いた時間で色々な副業を試してみたので紹介します。今は育児もひと段落したのでママ看護師として復職しています。

パート看護師としての復帰もアリ!

パート看護師としての復帰もアリ!

看護師復職支援セミナーなどで「仕事への不安」は解消されたとしても、「家庭と仕事との両立」に対する不安は解消されませんよね。子育てもひと段落したとは言え、完全に手放せるものではありません。復職に不安がある場合は、あまり意気込まずに、まずはパートからはじめてみるのも良い選択だと思います。

LINEで送る

時間厳守が魅力

育児と仕事を両立させるためには、サービス残業やシフト勤務には対応しづらいですよね。決まった時間に出勤して、決まった時間に退勤できることがママさんナースの第一条件と言っても良いでしょう。看護師の仕事は、夜勤があったり、情報集めのために朝早くに出勤したりという勤務パターンが良く見られます。ナースならそれが当たり前だと思い込んでいる看護師も多いでしょう。しかし、勤務する病院のタイプによっては、時間通りの出退勤が自然とできる病院も結構あるものです。
パートで働くことの魅力は、お給料が少ない分、時間通りに帰れることですよね。にも関わらず、文化的に帰りづらい雰囲気が漂う職場に入ってしまうと、つらい思いをすることになります。

1週間を分割することも可能

パート看護師なら、週2日勤務などの条件で働くことも可能です。1週間のうち2日間は看護師として仕事に打ち込み、残りの5日間は子供や家族に集中してママとして過ごすというライフサイクルを実現することができるのです。毎日少しずつ働くのか、週の半分だけ仕事に費やすのか、どちらを選択するのも自由です。理想的なパターンで働けるのもパート看護師として復職する魅力です。

パートナースが多い職場を選ぶ

パートで働く上では、パートスタッフが多い職場を選ぶのが良いでしょう。ママさんナースが多数働いている病院なら、尚良しです。家庭と仕事の両立を分かり合えるのは、やはり同じ環境にいるママ同士です。子供が熱を出すなど不測の事態で急に休む場合なども、仲間の理解があるのと無いのでは、働きやすさがまったく異なります。お互いに助け合える環境がベストですよ。

中途半端に稼ぐなら扶養控除の範囲内で

本格的に職場復帰をしても、収入が中途半端な金額になってしまうようなら、いっそのことパート看護師として扶養控除の範囲内で稼ぐほうが、自分自身も楽な上に、世帯収入としては増収になるという場合もあります。ここは、しっかり考えておいた方が良いでしょう。扶養控除の範囲を外れるなら、年収200万円以上は稼ぎたいところです。夜勤や残業などに対応できないことを考えれば、パートで100万円程におさえたほうが賢いかもしれません。