育児中の主婦が看護師として復職するなら、短時間勤務制度のある病院を

副業で主婦ライフを充実させよう!

ABOUT ME

看護師ですが、出産をきっかけに一度職場を離れて育児に専念しました。その間、空いた時間で色々な副業を試してみたので紹介します。今は育児もひと段落したのでママ看護師として復職しています。

復職するなら短時間勤務制度のある病院を

復職するなら短時間勤務制度のある病院を

看護師は夜勤があったり、時間が変則的だったりと体への普段が大きい仕事です。妊娠や出産を機に辞めてしまう人は残念ながら多いのが実情です。しかし、レジ打ちのパートだと物足りない、副業だとたいして稼げない、やっぱり看護の仕事がしたい、家計の助けにしたいなど、様々な理由で、看護師としてもう一度働きたいと思う主婦の方は少なくないはず。そんな方は育児と看護師を両立できる病院を探すようにしましょう。

LINEで送る

短時間勤務制度を活用

短時間勤務制度とは、週3日や短時間での働き方で正社員扱いになるという制度です。形態だけみると非常勤のような印象を受けますが、賞与が貰えたり、退職員が貰えたりと正社員と待遇は同じなのです。この働き方ならば仕事と育児が両立できると応募者は増えており、現在この制度を導入する病院も増えています。しかし、夜勤をする人やフルタイムで働く人とのバランスが取れず不公平さが残っているデメリットもあります。短時間勤務制度で働く場合は、きちんとこの制度が利用できるのかを確認するのが大切です。入ってから、結局フルタイムだった、激務だったとなってはせっかく復職したのが無意味になってしまいます。

保育園が院内にある勤務先

小さなクリニックなどでは難しいですが、総合病院などになるとママさん看護師も多く勤務しているので保育園が院内にある病院も少ないですがあります。そういうところを見つけて勤務すると何かあったときにすぐ飛んで行けるし、休み時間に子供の様子も見に行けるので、働いていても安心ですね。また、病院から近い保育園と提携していたり、補助金を出している病院もありますので、院内保育園がある病院がなければ、次の候補としてそんな病院を探すと良いでしょう。

頼み頼まれやすい環境

上記のような病院は、子育てママに優しく理解がある病院でといえるでしょう。そんな病院には主婦からブランクがあってもう一度看護師として働く人や、育児と両立して働いている看護師が多いと言えます。つまりあなたと似たような境遇の人が多いので、頼みやすかったり、聞きやすいという嬉しい環境が整っているのです。子供が熱を出したときや行事など「お互い様」という心があるので、ママとしても気苦労が減ります。独身女性が多かったり、キャリアを重ねている女性ばかりの職場だとどうしてもママの苦労や子育ての苦労を理解してもらえず、辛い思いをしてしまう現状がありますからね。人間関係という職場環境は本当に大切なのです。復職を決意し、転職サイトに登録して上記のような病院が求人を出していたら、迷わずに応募することをオススメ致します。ただし、倍率はとても高いので十分に対策をしておきましょう。